top > よくあるご質問
よくあるご質問
 

Feramica製品の材質/素材について    

鋳物って何?

鋳物って、重たいんじゃないの?

そんなに薄いと割れちゃうんじゃないの?

表面の黒色はどんな塗料ですか?

塗装が剥がれました。どうしたらいいですか?

 

Feramica製品の取扱方法について    

熱源は?コンロでもIHコンロでも大丈夫?

薄いのに保温性が高いって本当?

ご飯は炊けるの?

使い始めにすることはありますか?

空焼きは必要ですか?

IH(電磁調理器)で使用できますか?

IH(電磁調理器)での火加減はどの位ですか?

IH(電磁調理器)で揚げ物に使用できますか?

 

Feramica製品のお手入れについて    

お手入れが難しそう

お手入れで気をつけることはありますか?

保管で気をつけることはありますか?

焦げついてしまいました。どうしてですか?

焦げついてしまいました。どうしたらいいですか?

サビてしまいました。どうしたらいいですか?

 

Feramica製品の材質/素材について    

鋳物って何?

Ferramica は鋳物製です。
鋳物とは、金属を溶かして砂の型に流してつくる金属製品で、日本国内初め、世界でも鋳物製の調理器具は「保温性が良い」「無水料理が出来る」など「素材の良さを引き出す」調理器具として最適な材質であるとされています。

鋳物って、重たいんじゃないの?

確かに「鋳物製品は重たい」という懸念はあります。
弊社は、お客さまの「使いやすい」鋳物鍋を。をモットーに鋳物製品でありながら
他社にない「軽さ」を追求しており、そこで開発したのがFerramica(フェラミカ)です。
Ferramica製品は、厚み約2mm以下で他社の鋳物製調理器具の約1/2の重さです。
鋳物の製品つくりには経験と技術が必要とされますが、川口の鋳物職人「匠」の技により
軽くて強いを実現しました。
詳しくは「匠のこだわり」をご覧下さい。
匠のこだわり

そんなに薄いと
割れちゃうんじゃないの?

Ferramica製品は、強さと粘りのあるダクタイル鋳鉄という材質を使用しております。
ですから、厚み約2mm以下なのにテーブルから落としても割れません。
匠のこだわり
匠のこだわり

 

表面の黒色はどんな塗料ですか?

Ferramicaのお鍋は、耐食性、耐熱性に優れたほうろう加工をしています。
鋳物の風合いを残した黒マットほうろうです。
また、Ferramicaのフライパンには耐熱塗料を施してあります。油なじみが良く、
使い込むほど焦げつき、こびりつきを防ぐことが出来ます。
いずれの塗料も食品衛生法に適合し、安全が確認されておりますので
安心してご使用ください。

塗装が剥がれました。どうしたらいいですか?

塗装が剥がれ、素地が露出してしまってもご使用上問題ありません。
しかし、塗装が剥がれ素地が露出した部分はサビが発生し易くなっております。
サビを防ぐためにも、ご使用後は、水気を十分にふき取り、油を薄くなじませてください。
また、この塗料は食品衛生法に適合し、安全が確認されている塗料です。ご安心ください。

 

Feramica製品の取扱方法について    

熱源は?
コンロでもIHコンロでも大丈夫?

Ferramica製品は下記の加熱器具でご使用可能です。

100V・200VのIH調理器具にも使えます。
揚げ物用、電子レンジでのご使用はできません。
オール鋳物のFerramicaは蓋をしたままオーブンでも使用できます。(温度約280度まで)
(注1) 樹脂製つまみの製品をご使用の場合は蓋はオーブンには入れないでください。

薄いのに保温性が高いって本当?

保温性は鍋の厚さではありません。
Ferramica製品に使われる鋳物の材質が保温性を高く保ちます。
さらに、厚み約2mm以下と薄肉なので温度の上昇はとても早いです。

ご飯は炊けるの?

熱伝導に優れたFerramica製品で炊くご飯。
温度の上昇が早く、ムラの無い熱まわりでふっくらとした美味しいご飯がいただけます。
熱を落としてから、保温もポイント。
保温性の高いFerramica製品で炊くご飯、一度お試しください。
詳しくは「レシピ」をご覧ください。
匠のこだわり

使い始めにすることはありますか?

特にありません。始めに水洗いをしていただければ、
そのままご使用いただけます。

空焼きは必要ですか?

空焼きは必要ありません。

 

IH(電磁調理器)で
使用できますか?

Ferramica製品はIHを含む全ての熱源でご使用いただけます。
ただし、揚げ物には専用の鍋をお使いください。
詳しくは、IHの取扱説明書をご確認ください。

IH(電磁調理器)での
火加減は どの位ですか?

IHは、構造上フライパンを直接加熱するため、ガスに比べて加熱部分が集中します。
必ず中火以下で使用してください。
詳しくは「取扱方法」の火加減についてをご覧ください。

IH(電磁調理器)で揚げ物に使用できますか?

IHには通常その IH専用の天ぷら鍋が付属しております。
付属の専用鍋以外を使用した場合、設定された温度まで油の温度が上がらない場合や、
逆に温度が上がり過ぎて発火する恐れがあります。
よって、IHでの揚げ物のご使用はおやめください。
詳しくは IH の取扱説明書をご覧ください。

 

Feramica製品のお手入れについて    

お手入れが難しそう

鋳物製という材質の特性上、ステンレス製のものに比べると簡単ではありません。
ですが、いくつかの点を守って頂ければ一生ものとしてご使用いただくことが可能です。
詳しくは「取扱方法」をご覧ください。

お手入れで
気をつけることはありますか?

スチールたわしや研磨材の入った洗剤のご使用はお控えください。

保管で
気をつけることはありますか?

鋳物製品は湿気が苦手です。ご使用後は、しっかりと水分を拭き取り
乾燥した場所で保管してください。
また、長期間保管しますとサビが発生する恐れがあります。
保管の際は全体に薄く油を塗っていただくとサビを防ぐ効果があります。

焦げついてしまいました。
どうしてですか?

Ferramica製品は火の通りが大変良いので、
アルミ のフライパン(テフロン加工等)と同じ感覚で使うと、
必要以上に高温になり焦げつきの原因になります。
油を十分になじませ、火加減にご注意ください。詳しくは「取扱方法」をご覧ください。

 

焦げついてしまいました。
どうしたらいいですか?

少し製品を冷ましてから、温水にしばらく浸し、こびりつきのある部分を
ふやかしてください。
その後、たわし、または柔らかいスポンジなどでやさしく洗い落としてください。

サビてしまいました。
どうしたらいいですか?

サビてしまった場合でも、
1) サビた部分を柔らかいスポンジで優しく洗い流す。
2) サビの出た部分に薄く食用(植物性)油を塗る。
3) 野菜などをいためる。
4) また、油を塗る。
の工程を何度か繰り返すと使用をしていると、再度サビを抑え、防ぐ効果があります。
なお、サビは人体に無害ですのでご安心ください。
また、製品も問題なくそのままお使いいただけます。

その他ご不明な点がございましたら
販売店または弊社までご連絡ください。
株式会社フェラミカ TEL : 048-224-3511
E-mail : info@ferramica.com